お金がない

お金がない大学生はどうする?

お金がない大学生はどうする?

大学生の生活の中で、お金がないと感じている方は、大学生であればこそできる!という仕事で、給料の高いアルバイトなどを探してみると良いかと思います。

 

例えば、大学生のあなたが、それなりに学業に自信がある人だとすれば、アルバイトは、家庭教師や塾の講師などがおすすめです。

 

こういった仕事というのは、普通のコンビニのアルバイトや、アパレルショップの店員さんのような仕事に比べて、3倍ぐらいの時給がもらえる事は普通ですので、このような仕事が嫌いではないとすれば、お金を稼ぐ意味では、賢い選択かと思います。

 

ただ、どうしても、自分自身が苦しい受験戦争の中で生きてきたために、それを、また仕事にして、自分より若い、わがままなところもある人間に教える…という事は、なかなかのストレスになる場合もあるかと思います。

 

そういった時には、大学の授業に出席する時間の調整などを考えて、夜の比較的遅い時間にアルバイトをするようにすれば、夕方や日中に同じ時間働くのに比べて、これも1.2、3倍ぐらいの時給がもらえるようになるので、賢い選択かと思います。

 

ただ、現在あなたが大学生でお金がないという状態が、将来のための勉強を熱心にしていて、そのせいで、アルバイトや人材派遣などで働くような時間はない…という感じになっているのなら、それはそれで、賢い選択かと思います。

 

今大学生で、社会に出る一方手前…というところまで来ていて、言ってみればこれまでの人生で始めて、今以上にものが欲しいのであれば、自分自身で働く…という世界になってきているかと思います。

 

このような状況だと、例えば仕送りをたくさんもらっている友達と比べて、自分がお金が少なくて、なかなか飲みにいこう金もない…服を買うお金もない…という事で、自分自身が何だか妙にお金がないような気持ちになってしまうところもあるかもしれないです。

 

ですけど、この学生の頃の数年間の生活にお金がなくて自分なりの工夫をいろいろしたという事は、必ずその先の人生に役立つことになります。

 

大学生の頃に、私立の授業料の高い大学に通っていて、しかもそこに親からの仕送りをもらっている…という生活をしていた人間の結構な割合が、将来生きていくために自分でお金を稼がなければいけない!という意識が欠如する事になります。

 

そういったある意味、学生時代からお金に報われた生活をしていた人間は、自分が独立して、完全に自分の力で生きていかなければならなくなった時に、それが強いストレスと感じるようになります。
それに対し、学生の頃から節約をして、自分の財布の中で上手に生活をする事を身につけていたタイプは、社会に出て、ちゃんとお給料をもらえる生活になってきたら、どんどん豊かになっていきます。

 

この差というのは、非常に大きいものです。

 

ですので、今あなたが大学生で、お金がない…という状態にある事は、自分の人生の数年先の事考えたら、決して悪い事ではないのです。

 

その辺りの事も考えて、今生活を続けていく最低限のお金のアルバイトで稼ぐだけにしておく!というのも、非常に賢い選択かと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ