お金がない

お金がない 簡単に借りられる の罠

お金がない 簡単に借りられる の罠

お金がない状態にある人でも、今現在では、アルバイトやパートで、それほどの高額な収入がない人にとってみても、簡単にお金を借りる事ができる、キャッシングやカードローンなどのサービスが発達しており、これらを利用している人は、年々どんどん増えているそうです。

 

確かに、以前のような、消費者金融=サラ金というようなイメージの業界ではなくなってきていますので、クレジットカードの分割払いをするのと同じような軽い感覚で、こういったところからお金を借りる人は、確実に増えていると思います。

 

 

こういった話というのは、実際に自分がそれを利用しているという事を、そんなに人には言わないものですが、お酒の席なので、自分の方からそういった話を振ってみると、俺も実は…みたいになる話が、結構多いようです(笑)

 

現在では、総量規制という法律によって、年収の3分の1までしか消費者金融にはお金を借りる事ができなくなっていますので、この法律によって、以前よりも、自己破産をしたり、債務整理を余儀なくされる人の数というのは、減ってきているようです。

 

ですけど冷静に考えてみて、年収の3分の1という金額の返済を背負って、それを難なくこなしていける…というパターンは、かなり難しいはずです。

 

例えば月収15万円の仕事をしているところを考えると、その3分の1という事で、5万円とその金利が、消費者金融への返済という事になってきます。

 

こう考えると、残り10万円の中から、家賃や生活費その他のお金…という事を考えると、生活環境によっては、これでも赤字になってしまうという人は、結構多いと思います。

 

このように考えると、消費者金融でお金を借りるという手段は、やはりそう簡単には選択してはいけないという事になります。

 

基本的に、こういったところでのカードローンというのは、リボ払いのように、貸している側にとって一番金利が高く取れるように、長期間の分割でちょっとずつ返していくような基本設定になっています。

 

ですので、お金を借りて、精神的にも余裕がなくなっている時には、今手元にお金が少しあるから、思いきって返そう!という気持ちにはなかなかなれず、この最低限の返済の中で、ズルズルと期間を伸ばしていく事になります。

 

少なくとも、消費者金融を上手に利用するという事を考えた場合には、自分自身が当初立てた、少ない回数での返済プランを、絶対に崩さない!というつもりで利用するべきでしょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ