お金がない

お金が無いときの手段として選んではいけないもの

お金が無いときの手段として選んではいけないもの

人間、お金がない状態になると、ある意味での必死さというものが働いて、これまでは考えてもいなかったような手段で、お金を調達しようという気持ちになってきます。

 

これは私自身、過去の自分自身がお金が全くなかった頃の経験として、すごく思い当たるところがあります。

 

家の中にあるものを、何とか現金化できないか…?短期間で、すごく稼げるようなアルバイトはないか?ちょっと一般的ではないかもしれないけれど、少し苦労をすれば、結構なお金が入る仕事はないか?

 

ネットでちょっと怪しげかもしれないけれど、プライドを捨てて頑張れば、稼げる手段はあるのではないか?

 

などなど、普通の仕事をしているときに、これだけの頭を働かせねば、お金に困ることなどはなかったのだろうと思うよな、いろんなアイディアが浮かんできます(笑)

 

 

このような状態のときには、最終的にハマッてしまうパターンとしては、短期間ですぐに現金化できる!というようなネットの情報に、非常に興味をもってしまうというところです。

 

私の知り合いでも、お金がなかった時には、過去に使おうと思った事がある…というもので、結構多いのが、クレジットカードの現金化ですね。

 

このクレジットカードの現金化というのは、それを商売にしている業者から、少額のものを買って、その中身は実は金銭の貸借契約になっている…というものや、高級ブランド物のバッグを購入して、それを送ることによって、現金を送ってもらえる…というものなどですね。

 

これについては、いろいろなパターンがあるようで、こういった事を生業としている業者は、あの手この手で、法律に引っかからないような手段を探しています。

 

このようなクレジットカード現金化のサービスを、私たちが利用した場合に、それが直接的に、すぐに警察に捕まるような違法行為!という事はあまりないようなのですが、結局のところ、これを運営している業者が、違法行為だらけでやっているので、その犯罪の手助けをするような事になってしまう訳です。

 

短期的に、わずかなお金が用意できなかったばかりに、このような怪しげなサービスを利用して、自分自身が法律に触れるような事になってしまったら、それこそ踏んだり蹴ったりもいいところです。

 

お金がなくて悩んでいる状態であっても、クレジットカードの現金化サービスにだけは、絶対に手を出さないようにしましょう!

 

ちなみに法律の事を抜きにして考えても、クレジットカード会社というのは、これによっての被害を多大に受けている訳ですので、このような現金化の手段を認めてはいません。

 

いろんな意味で、あなたの信用問題に関わることになりますので、これだけは絶対にやめるようにしましょう!


ホーム RSS購読 サイトマップ