お金がない

お金が無ければ勉強もできないのか?

お金が無ければ勉強もできないのか?

現在の日本はまだまだ不景気の状態が続いていますが、それでも、現在の子育てにおいては、それなりの教育費をかけるという風潮は続いていて、お金がない生活の中でも、子供は塾に通わせてやりたい…という気持ちの親は、多いと聞きます。

 

確かに、教育こそが子供にとっての将来の大きな財産となり、それはわずかな預貯金などよりも、はるかに価値のあるものかと思います。

 

 

ですが、塾に通わせたり、お金をかけた勉強をさせることをしなければ、子供が優秀な人間に成長しないのか?と言われれば、それはそのことはないかと思います。

 

私の友人にも、かなりお金がない環境で育っていながら、有名な国立大学に進学をして、今では、私などよりもはるかに高い年収をもらっている…という人物も何人かいますから、お金がない事と、勉強ができない事とは、必ずしもイコールではない訳です。

 

お金がない環境で育った子供であっても、自分が勉強して立派になる事で、親たちに楽をさせてあげたい…というような気持ちが小さい頃からあれば、自主的に勉強するようになり、それは、親に言われて塾に通う人間に比べれば、それは成長率は確実に高いものになるかと思います。

 

小さい頃に、自分自身がお金がない苦労をしてきた人達は、自分の子供たちには、お金がない苦労をさせてはいけない…させたくはない…という気持ちで、気がつけば、間違った甘やかし方になっているケースもあるかと思います。

 

このあたりの事を考えてみると、結局のところは、子供自身に、今頑張って勉強する事で、将来それが確実に役に立つ!勉強する事をそのものが楽しい!という確かな気持ちを持たせてあげることが、最大の重要ポイントなのではないか?と思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ